見積りについて

  当事務所では、相談の際に手数料について説明した上で、依頼するかどうかを決めて頂いています。見積書も発行いたしますので、安心して ご相談ください。

費用/手数料の考え方(内訳)

請求額(費用)手数料(報酬+実費)登録免許税(印紙

登録免許税について

 登録免許税とは登記に掛かる税金のことで、司法書士への手数料(報酬)とは別個のものです。登録免許税は国税ですが、税務署への申告時に納税するのではありません。登記申請の際に、収入印紙を申請書に添付して登記申請と同時に納税します。

◆不動産登記(相続・売買・贈与などの登記)の場合
 不動産登記における相続や売買などを原因として所有者(名義人)が変更する所有権移転登記申請をする場合、固定資産税の評価額を基準として登録免許税を算出します。したがって評価額の高い不動産の場合、かなり高額になることがあります。相談される際に固定資産税の課税明細書(評価証明書)があれば、その場で税額を計算することができます。
 ちなみに所有権などの権利者の移転や設定を伴わない氏名・住所の変更、登記記載事項の変更、抵当権の抹消などの登記申請は、不動産1個につき1000円の定額です。
 事例(土地の相続による所有権移転登記)
   金1000万(固定資産税の評価額)×1000分の4(税率)=4万円

◆商業登記(会社・法人登記)の場合
 会社・法人の設立、合併、会社分割など組織変更に関する登記や、資本額を増やす増資の登記をする場合は、資本額に応じて課税されるので税額が大きくなります。

 役員変更・商号・所在地・事業目的等の変更登記は変更事項ごとに1〜3万円の定額で課税されます。

◆税率はこちら [国税庁HP(外部リンク)]

手数料(報酬)について

 手数料は、同じ種類の手続でも依頼の内容等によって異なります。 相続手続を例にすると、遺産の規模や、相続人の人数、相続人の個別事情等による事務負担により手数料は変わります。

 具体的な金額をお知りになりたい場合は、お問い合わせ又は相談にて ご確認ください。

◆電話相談・費用相談は無料ですので、気軽に お問い合わせ下さい。
◆手数料の事例(登録免許税を除く、登記手数料(実費込み)のみ)
 ・売買・贈与などの所有権移転(名義変更)登記・・・5万〜6万円

 ・相続による所有権移転(名義変更)登記・・・4万〜5万円

  (相続関係書類の作成等は含みません。費用は3万〜4万円。)

 ・住所や氏名の変更登記・・・1万〜1万2千円
 ・抵当権の抹消登記・・・1万〜1万5千円
 ・会社の役員変更登記・・・2万〜3万円
 ・会社の設立登記・・・5〜7万円(定款認証費用を除く。)

※上記の手数料は、原則的な事例です。不動産の数が多い、当事者の人数が多い、権利証を紛失した、関連書類を作成する必要がある場合など、依頼内容に基づく固有の事情がある場合は、手数料を加算させて頂くことになります。

手数料を節約したい。

 依頼者が手続の一部を自ら担って、事務負担を減らすことにより手数料を節約できる場合があります。ご希望の方は相談の際に お申し出ください。なお節約できない場合もありますので、ご了承ください。





トップページへ戻る


 

  詳しくはボタンを
  クリックして下さい。

 

アクセスマップ 〒459-8001
 名古屋市緑区大高町
  宇鶴田63番地11
TEL 052-626-1430